自分に合う結婚式はどのスタイル?主な結婚式のスタイル3つ

教会式スタイルのメリットとは

日本で結婚式を挙げるカップルの半数以上が、教会式スタイルを選んでいます。主にホテルや結婚式場に併設されたチャペル、もしくは教会で行われます。キリスト教のしきたりにのっとった形式になります。親族や友人、知人など多くのゲストを招待することができるので、比較的に大規模な結婚式を考えているカップルにお勧めです。神聖な雰囲気の中でウェディングドレスを身に纏い、バージンロードを歩くことは良い思いでとなることでしょう。

神前式スタイルのメリットとは

神前式スタイルは、日本ならではの和テイストのものです。最近、人気が高まってきています。主にホテルや結婚式場に併設された会場や、神社で行われます。日本の伝統的な形式になります。両家の家同士のつながりを重視しているので、基本的には親族のみの参加となります。教会式スタイルと比べると、比較的に小規模なものになるので、費用を抑えることができます。格式高い雰囲気の中、和の婚礼衣装を身に纏い日本文化に触れることは、忘れられない思い出となることでしょう。

人前式スタイルのメリットとは

人前式スタイルは親族や友人、知人に婚姻を誓い、証人になってもらいます。日本では教会式スタイルの次に人気があります。主にホテルや結婚式場、レストラン、ゲストハウスなどで行われます。式次第や衣装、演出など決まったものはなく、自分たち次第でフォーマルな雰囲気にもアットホームな雰囲気にもすることができます。オリジナルの世界で一つだけの結婚式を作りたいというカップルにお勧めです。二人のこだわりでいっぱいの結婚式は、一生の思い出になることでしょう。

鶴岡八幡宮で結婚式を行う場合、観光客も祝福してくれる開放的な雰囲気の中で本格的な神前結婚式を行うことができます。