気を付けよう!神前式にお呼ばれした際のマナー3選

出来るだけ和装にしよう!

神前式ではやはり「和」のイメージが強く、花嫁は白無垢を着る人が多いですね。その結婚式にゲストとして出席する際にも出来れば和装にする方が、「和」のテイストが高まるため結婚式自体が格式高いものとなります。可能ならば和装で出席するようにしましょう。新郎新婦にとってもゲストが和装してくれる事で嬉しく感じる方も多いでしょう。和装で出席する事によって、式自体の品格が上がるため、是非和装で出席するようにしましょう。

写真は撮影出来るかどうか事前に書くにしておこう!

宗教的な結婚式会場では、写真を撮る事自体を禁止している場合もあります。これは神前式でも同じ事が言え、撮影が許可されている場合でも専属のカメラ面だけが可能という場合もあります。そのため写真やビデオを撮影しようと思っている場合には、事前にスタッフに確認しておく方が良いでしょう。知らずに写真撮影をして、注意されると気分も滅入ってしまいますので、事前の確認がとても重要になります。新郎新婦にとっても良いイメージではなくなりますので、注意しておきましょう。

神前式では下足に注意しておこう!

神社で挙式をする時などは、靴の脱ぎ履きが発生してしまう事もあります。そんな時に備えて、着脱が簡単に出来る靴を履くようにしておく事がとても重要なポイントになります。いざという時に手間取ってしまうと、時間もかかり迷惑をかけてしまう事もあるかもしれませんので事前の準備は必要になります。またストキングの色や模様などにも注意が必要であり、足元が浮かないようにする配慮が必要になってきます。神社では一般的にクロークなどは用意されていないので、事前に持ち物チェックなどをしておくようにしましょう。

長崎の結婚式場のプランを決めるうえで、信頼のおけるプランナーと直にコミュニケーションを図ることが肝心です。