人に聞けない!プロポーズに婚約指輪って渡すの?

プロポーズは人生一大イベント!

付き合っている彼女と結婚したい!プロポーズをしよう!となったらプロポーズの場所やタイミング、どういう言葉を決めようか!など男性にとってプロポーズは大事な場面ですよね。結婚が決まるか決まらないかの大事な行事と言っても過言ではないですよね。よく、ドラマでプロポーズをするシーンがありますがその時プロポーズと同時に婚約指輪を渡しますよね。プロポーズだけでも嬉しいのに婚約指輪まで貰ったら女性のテンションはマックスですよね。私達日本人にとってプロポーズと婚約指輪は密接な関係がありますね。

プロポーズに婚約指輪は必要ない?

実際、プロポーズに婚約指輪を貰った女性のうち半数以上はがっかり感じているんです。女性にとって婚約指輪は一生に一度の指輪です。小さい頃から憧れていますよね。人によっては好きなブランドがあったり、好きなデザインがあります。開けて自分の好みの指輪じゃなかった、という人もいます。せっかくなら彼女に喜んで貰いたいですよね!自分で選びたい、一緒に選びに行きたいという女性が多いのでプロポーズと婚約指輪は別にセットに考えなくても大丈夫!プロポーズをして了承を貰ったら一緒に見に行くのも楽しいですよ!

サプライズしたいなら

サプライズで喜ばせたい!と思っているなら失敗しないように事前にリサーチが必要になります。1番大事なのは、彼女の指の太さを知ることです。なかなか彼女の指のサイズを知っている人は少ないかもしれませんが気づかれないようにさりげなく聞き出したり、周りから聞くという方法もあります。渡してサイズが合わない!では彼女に恥をかかせるようなものですね。好みのブランドやデザインを知っておきましょう。ブランドが決まっていれば簡単ですが、特にない場合は指輪の形や宝石の大きさなどデザインがどういうのが好きなのか把握しておくと選びやすくなります。普段アクセサリーをつけているならそこから好みも分かりますね!

婚約指輪とは、通常結婚する前に結納という儀式があり、その時に男性から女性へ結納品といって、縁起物の長老夫婦の人形やお酒やするめなどと一緒に指輪をプレゼントするという風習がありました。